勃起力強化を期待したい精力剤においては実はシトルリンは「脇役」です。

シトルリンは名わき役

「シトルリンは勃起力アップには必須の成分なのか…?」

 

 

こんにちは、ダイスケです。

 

 

男性用精力剤で、最も人気の成分が「シトルリン」です。

 

 

サプリメント成分で使用されるアミノ酸は、すべて『L型』ですので、各精力剤のパッケージには「L-シトルリン」と記載されていることもあります。

 

 

それにしても、シトルリン、超人気成分です。

 

 

最近では発売される精力剤でシトルリンが入っていないもののほうが珍しくなりました。

 

 

ただし、入っていて当たり前となったということは、見方を変えれば、シトルリンがその精力剤の個性を決定づける成分でないともいえることになります。

 

 

そう、超人気成分でありながら、勃起力強化を期待したい精力剤においては「脇役」なのです。あくまで。それが「シトルリン」です。

 

 

「テストステロン」の分泌を直接促す成分の一因ではない「シトルリン」

 

シトルリン

シトルリンは「アミノ酸」です。

 

 

アミノ酸成分はヒトの体をつくるたんぱく質合成に関与する主要な「有機化合物」ですが、その種類は20種類。

 

 

この中にシトルリンは入りません。

 

 

つまり、シトルリンはヒトの体をつくる細胞はもちろん、体液から成長因子などの因子にいたるまでを構成する「たんぱく質」にはまったく関係がないアミノ酸です。

 

 

勃起力強化に直接かかわる成分値とは、実はこの「たんぱく質合成に関わるアミノ酸成分」なのです。

 

 

勃起力を強くするのは男性ホルモン「テストステロン」です。

 

 

テストステロンを増やすにはまずは性ホルモン分泌を指令する「神経伝達物質」を作り出す必要があるのです。

 

 

その「神経伝達物質」を作り出すとされる成分がたんぱく質合成に関わるアミノ酸成分」です。

 

 

ところがシトルリンはその作用はたんぱく質合成を構成するアミノ酸ではなく、「血行促進」作用を持つのみです。

 

 

血行促進なら他にも代用する成分がありそうです。

 

 

このようにシトルリンはなんとも「勃起力アップには必須とはいえない」「ほかの成分でも代用できそうな」成分なのです。

 

 

「シトルリン」がもてはやされる理由は「作用の大きさと安全性が他を寄せ付けない」から。

 

実感大きめのシトルリン

ではどうして勃起力強化に必ず必要ともいえないシトルリンがもう必須というような扱い方がされてているのか。

 

 

それは脇役でありながら、男性の健康高める強い作用と安全性を兼ね備えることによります。

 

 

シトルリンは2006年後半から食品への転用が解禁になりました。もともとは医薬品扱いでした。

 

 

分量によっては実感大きめな成分だったからです。

 

 

ただ、実際には副作用などの問題がなく、取り扱いにさほど注意を要するべき成分でもないため、食品転用が可能になったわけです。

 

 

そう、「実感大きめの割に、取り扱いをさほど注意する必要のない成分」です。

 

 

実感大きめ = 血行促進力が多成分に比べてもかなり高い。

 

取り扱いをさほど注意する必要がない = 安全性が多成分に比べても高い。

 

 

といえるのです。

 

 

性質としては、確かにほかのもので代用可能なものでもありますが、その作用の大きさ、安全性については他を寄せ付けません。

 

 

そこで、勃起力強化を直接担う成分ではないけども、勃起力強化の「実感」を得られやすくする成分として使われるのですね。

 

 

血液の流れが大きく早くなるということは、たくさんの酸素と栄養素が運ばれ、新陳代謝が活発になるということです。

 

 

体全体のスタミナアップにも貢献することになります。

 

 

「大きな体調改善の流れの中で、勃起力強化に間接的に関わってゆく」それがシトルリンの役割です。

 

 

シトルリンは「名脇役」。シトルリンをオーバーに扱わず、きちんと勃起力強化できる内容になっている精力剤を掲載します。

 

シトルリン精力剤

精力剤にはシトルリンが入っているほうが良いことは間違いないです。

 

 

それだけ血行促進力が大きくなるので、男性の気力体力「回復」感覚が大きいともいえるからです。

 

 

ただし、シトルリン量の大小で勃起力強化が期待できる精力剤かどうかは決まりません。

 

 

上にも書いたように、勃起力を強くするのは男性ホルモン「テストステロン」ですから、その「テストステロン」の自力分泌量増に関わる成分構成に原材料内容がなっているかどうかが問題です。

 

 

勃起力強化により優れた精力剤を選ぶには、そこを押さえるようにしたほうがいいですね。

 

 

シトルリン量が2000mgとか、やたら多くても、多成分が全く入らないようなサプリは精力剤の本質的な部分から外れたサプリなので、精力剤とはいえません。

 

 

シトルリン量に目がくらみ、およそ勃起力に全くかかわらないような精力?剤を選ばないようにしましょう。

 

 

僕のこのホームページでは、そのようなシトルリンをオーバーに扱いすぎた精力剤??は除いています。

 

 

勃起力強化の本質ともいえる「テストステロンの分泌量強化」を目指せる内容のシトルリンサプリのみを掲載しています。

 

 

勃起力強化に主成分として精錬された「アミノ酸、ビタミン、ミネラル」で構成される精力剤

 

上にも書いたように、勃起力強化のためには『性ホルモン分泌を指令する「神経伝達物質」を作り出す』ことを見込んだ栄養素が必要です。

 

その栄養素とは、たんぱく質合成のための「アミノ酸、ビタミン、ミネラル」です。

 

この「アミノ酸、ビタミン、ミネラル」の量と成分構成に優れた精力剤が、勃起力強化に適していると言ってよいでしょう。

 

勃起力強化に優れているのは、けっしてマカサプリやハブ、すっぽんなんかの天然素材のみの錠剤ではありません。

 

それらは精力がなんとなくつくような感覚は得られますが勃起力にさほど大きな影響を与えないのです。

 

勃起力に大きな影響を与えられるのは「性ホルモン分泌量増加を狙った『アミノ酸、ビタミン、ミネラル』をしっかり押さえた精錬された成分で構成された精力剤なのです。

 

推奨商品

バイタルアンサー

精液の合成量に関わるアルギニンが1日1600mg摂れるハイブリッド精力サプリ。


亜鉛、シトルリンの配合量が同方向性のサプリでは最大級。


返金保証あり。


星4 >>詳細はレビューページへ!


このサイト内の「バイタルアンサー」レビューページを見る。

 

 

GHプレミアム

テストステロン、成長ホルモンの分泌量を増強することを目的とする精錬された「アミノ酸、ビタミン、ミネラル」を有し、クラチャイダムなどの天然成分も配合。


アルギニン、シトルリン、亜鉛の分量がかなり多く実感が期待できる。


超長期返金保証。


星4 >>詳細はレビューページへ!


このサイト内の「GHプレミアム」レビューページを見る。

 

※上記商品を加えた「勃起力強化用精力サプリ」一覧ページへは下のバナーをクリック。↓↓↓
「勃起力強化用精力サプリ」ランキング

 

勃起力強化に一番強力なジャンルの精力剤は「ペニス増大サプリ」

 

「『アミノ酸、ビタミン、ミネラル』をしっかり押さえた精錬された成分」に加えて、

 

スタミナアップを担う「抗酸化成分」。

 

新陳代謝、細胞増殖を促進する天然素材。

 

あらゆる「男性を元気にする」ための成分が入るのが「増大サプリ」です。

 

増大は、まずはテストステロン量を多くして、強い勃起を促すことが第一の関門です。

 

ペニスに成長ホルモンを集中させるためです。よって、「勃起力強化成分+α成分」の内容です。

 

αの部分は細胞増殖、男性の「アンチエイジング(若返り、スタミナアップ)です。

 

勃起力強化を超えた「元気」を期待できる成分で構成される精力剤が増大サプリです。

 

増大サプリは「勃起力強化」に使うのもお勧めです。

 

推奨商品

ランク1「バリテイン」おすすめ

バリテイン

なんと実質200種類近くの素材を使って生成された超多成分サプリ。


栄養素の体への吸収性をくまなく追求し、ペニスに栄養成分を無駄なく作用させようという独自のNEA理論に基づき開発、


栄養成分が超濃縮されながら、サプリ用量も多いです。


星5 >>詳細はレビューページへ!


このサイト内の「バリテイン」レビューページを見る。

 

 

ランク2「リザベリン」おすすめ

リザベリン

120種類以上もの成分を使用。


成長ホルモンにより細胞を活性化させる再生医療を導入。


「細胞組織再生理論」を発展させた新型増大サプリ。


天然素材から特許技術で必要成分のみ抽出。130倍にも濃縮。


星5 >>詳細はレビューページへ!


このサイト内の「リザベリン」レビューページを見る。

 

 

ランク3「ヴィトックスαエクストラエディション」おすすめ

ヴィトックスαエクストラエディション

米国で人気の増大サプリ「ヴィトックスα」に100種類以上の成分を追加。濃縮。


日本人の体質に合わせて調整され、全くの別物に大進化。


シトルリン従来比2倍で実感力大幅アップ。


星4 >>詳細はレビューページへ!


このサイト内の「ヴィトックスαエクストラエディション」レビューページを見る。

 

※上記商品を加えた「勃起力強化できる増大サプリ」一覧ページへは下のバナーをクリック。↓↓↓
「勃起力強化できる増大サプリ」ランキング

 

 

 

こんにちは、ダイスケです。僕の運営するホームページに「アルコールをほんの少し飲むくらいなら精力がつく」という検索で来られた方がいらっしゃいます。アルコールをほんの少し飲めば精力がつくなんてことがあるのでしょうか。うーん、それはあるかもしれませんね(^_^;)ただ、お酒を飲むことは特に昔から「精力がつく」なんて言われていませんよね。精がつくとはどういうことか?どういうものが精がつくというのか?精力がつくというのは、身体の底からムラムラと力が湧きたってくるような状態が少し大きくなることです。が、昔からある「精力がつく」というのは特には「元気が出る」ですよね。男女に広く、元気が出るものは特に「精がつ...
「テンザーゴールドプレミアム」は484成分と増大サプリ系では最多成分となった最新サプリで、その成分の種類から期待され、人気が出てきてる商品ではあります。その成分の種類というのは主に動物・野菜系の雑成分を配合したA錠…131成分主にアミノ酸、ミネラル、ビタミンなどの純成分を配合したB錠…37成分特に発酵酵素を作るために配合された植物成分などが多いC錠…316成分となっています。どの成分がどれほどの量配合されているかというのは確認できていないのですが、全成分を下に記載しておきますのでご確認ください。といっても多すぎて確認してもって感じかもしれませんね。このように超、超多成分にした理由、というのはメ...
「ペニトリンMAX」はシトルリンが業界で最も配合量が多いと思われる増大サプリ「ギムリス」をリリースしている株式会社クリートの製品です。「ギムリス」詳細はこちら「ペニトリンMAX」はかなり好評のようなので掲載してみました。ただちょっとギムリスとはかなり違うコンセプトの製品ですね。ギムリスは1粒あたり750mgに相当する10倍濃縮のシトルリンを配合。その他、クラボウスカ、アルギニンを中心成分として、30種類近い成分を混合しています。天然成分の種類もなかなかに充実していることで、身体がサプリから取り出す栄養の取捨選択がしやすく、増大には十分なポテンシャルを備えているな、と思わせる内容となっていました...
こんにちは、ダイスケです。僕の運営するホームページに「アルギニンがあればオルニチンは必要ない?」という検索で来られた方がいらっしゃいます。今日はこれについて書いていきます。まず、アルギニンとオルニチンは全くの別物ですよ、ということについて言っておきます。確かに尿素回路の中では、代謝酵素との反応の中でアンモニアが代謝されていき、その過程でアルギニンとオルニチンにはなっていきます。それは尿素回路の中でそうなっていくだけで、アルギニン、オルニチンとも体内では身体を作っていくアミノ酸として様々な使われ方をそれぞれの形でするので、アルギニンがあればオルニチンが必要ないとはいいません。ただですね、オルニチ...
こんばんは、ダイスケです。僕の運営するホームページに「男の性器の血流を上げるシトルリン・アルギニン」というフレーズで検索がありました。性器に対してシトルリン・アルギニンサプリは血流を大きく送り込むというのは、実はちょっと誤解なんですよね。ペニスの海綿体に大量の血液を流し込むためには、血管を拡張するだけではダメです。シトルリン、アルギニンは体内に吸収されて、血中にその成分が溶け込むことになります。そして肝臓で、体中の細胞の老廃物のなかでもアンモニアを尿素に代謝していくのに使われていくわけですが、血液に溶け込んでいる間に、シトルリン、アルギニンは血管の内被を刺激して一酸化窒素を出させる作用をもたら...
こんにちは、ダイスケです。僕の運営するホームページに「シトルリン 不妊」というフレーズで検索してこられる方がいらっしゃます。シトルリンは不妊解消に効果がありますか?ということだろうと思います。結論を言いますと、シトルリンを飲んでも、はっきり言って特に直接的に不妊解消につながるようなことは期待できないと思います。ただし、シトルリンサプリは今流行りの「妊活サプリ」の成分とはバッティングすることがありません。シトルリンは健康成分であり、続ければ「新陳代謝を緩やかに促進する」作用をもたらします。ですから、立ち位置としては「妊活サプリ」にプラスアルファで、その働きのバックアップが期待できるといえるでしょ...
こんばんは、ダイスケです。僕の運営するホームページに「射精で亜鉛は排出されるの?」というフレーズで検索がありました。これについて答えていきたいと思います。亜鉛っていうのは、たんぱく質、核酸の代謝に関わるミネラルで、亜鉛がないとたんぱく質、核酸の形成ができない、すなわち細胞や体液までもが作れないということになります。でも、そのたんぱく質、核酸の形成に使う量はものすごくわずかです。でも、この時に亜鉛はなくなってしまうのではなくて、形成したたんぱく質、核酸に含まれるということになります。これは人間だけでなくて、生物であれば全部そうです。特に動物にはたんぱく質がたくさんあるわけですが、同時に亜鉛もたく...
こんにちは、ダイスケです。僕の運営するホームページに「低血圧はアルギニンは摂ってはいけないの?」という検索でこられた方がいらっしゃいます。どうしてそのような考えになるのでしょう。低血圧症気味の人はアルギニンをサプリなどで摂れないのでしょうか?今日はこのことについて書いていきます。まず、多分ですが、血圧が低い人が「アルギニンが摂れない」と考えてしまっている人は、多分「アルギニンは血管を膨張させる作用があるから」と考えていると思います。アルギニンは「アルギナーゼ」という酵素により、尿素とオルニチンに変化する際、血管内皮が一酸化窒素を血液内に放出するのを促進します。一酸化窒素が血管内に多くなると、血...
こんにちは、ダイスケです。僕の運営しているホームページに「射精量を増やすサプリはありますか?」という質問をもらいました。今日はこれについて書いていこうと思います。1回のセックスで射精量を多くするというと、いくつもの条件が必要となるので、一概にサプリを摂れば射精量が多くなるのを実感できるというわけではありません。でも精子、精液をスムーズに生産するようにそれに沿った栄養をサプリ摂ることはかなり有効だと思いますね。精子、精液の製造は先にそれらを作るための命令ホルモンであるテストステロンの分泌量を多くしなくてはなりません。まずはテストステロンの分泌を促進するような栄養素を摂らなくてはならないということ...
こんにちは、ダイスケです。僕の運営しているホームページに「シトルリンを何時間かおきに摂取していればよい」という検索で来られたかたがいらっしゃいます。シトルリンの特性として、血管を膨張させるという性質があり、それは長時間続くものなのですが、作用が切れるタイミングくらいで飲み足したらずっと効いているのでは?それでいいのではないか?ということだと思います。そうですね…ただ量が問題ですね。1回の量を無駄に多くしないということが大切です。シトルリンを多くしても害はないと思いますが、お金の無駄だと思います。シトルリンは多ければ体外に排出される成分。アルギニンは体内で全部使われる成分。というのも、シトルリン...